女性ならば白スカートを買っておくべき理由とその魅力について

白スカート

白スカート女性のマストアイテムと言ってもいいのが白スカートではないでしょうか?もう持っている人も多くいると思います。「白スカートは欲しいけど、買おうかどうか迷っている…。」という人のために、白スカートの魅力を深く下げていきたいと思います。

流行り廃りがなくて安定したアイテム

白スカートを買って損がない理由として、流行り廃りがないというのが挙げられます。今年の春夏キーワードはオールホワイトで、上下とも白アイテムでコーデするばかりか、アクセサリーまでシルバーにするという徹底した白ファッションが流行っています。

その旬コーデに白スカートは十分に活躍できますし、オールホワイトファッションが流行らなくなればトップスを白以外のアイテムにして来年も着れます。ガウチョやスカーチョは流行の真ん中アイテムなのに対して、白スカートはいつまでも着れるのが魅力です。

流行りも廃りもなければ、捨てる事なくずっと使えますよね。だからリーズナブルな白スカートでも、値が張るアイテムでも買って損がないのです。

幅広い年代が着れる

長く使えるアイテムでも、着る年代が特定されてしまうアイテムはいつまでも着れると言いずらいですよね。サロペットやホットパンツなどのアイテムは若い時は着こなしやすくて、おしゃれに見えますが、30代や40代になってくると着るのをためらってしまいます。

しかし白スカートは10代後半~40代と何十年も着れます。体型が変われば着れなくなってしまいますが、春夏の定番アイテムなのでいつまでも着ていけます。さらに若い時はスポーティーで着て、大人になったらフェミニンに着るという着まわしもできます。

例えば、若い時は白タイトスカートをスカジャンやスニーカーと合わせて着ても違和感がありませんし、大人になったらハイヒールとジャケットでオフィスファッションにする事もできます。着まわしが効き、オールジャンルの服でコーデができるからどんな年代の人でも着れます。
また、オートクチュールなど特別なアイテムならば、母から子へと受け継がれる事もできます。白スカートは破れたり、紛失しなければ何十年も着ていけます。それが魅力です。

女性らしさがある。男ウケも良い

白スカートの特徴として、女性らしさというのがあります。スカートは女性らしいアイテムですが、さらに白という清潔感があるスカートなので、男性ウケも彼氏のご両親ウケもばっちりです。

男性はスカートが大好きですよね。デートにはスカートで彼女に来て欲しいという人もいるほどです。スカンツやガウチョだとスカートっぽく見えるけど、スカートじゃないのであんまり男ウケはよくありません。そのため、スカートでしかも白という清純なアイテムが男性ウケがいいのです。ただし、スカートでもマキシ丈は脚見せができなく、ラフな感じが強いので男性ウケはあまり良くありません。膝丈やミニの白スカートならば男性ウケはばっちりです。

ボーイッシュにしても女性らしさと清潔感があるファッションになりますし、ライダースジャケットなどいかついファッションにしても可愛いファッションになるので、おしゃれに見えやすいアイテムです。

白スカートは様々なデザインがありますが、共通している魅力が着まわしができて流行り廃りがない、流行ったとしても来年も着れる、長い年月を共に過ごせるという点です。白スカートは非常に節約できるアイテムですし、清潔感や清純さを持っているので男ウケや職場ウケ、両親ウケなどもばっちりです。

まだ持っていないのならば、まずはトライしやすい膝丈スカートを買ってみてはどうでしょうか?長過ぎず、短すぎないスカートだとコーデしやすいですよ。

色々な白スカートをどう着こなしていけばいい?

流行り廃りがあまりなく、女性らしさが残る白いスカートは何枚も持っておきたいアイテムです。そこで、色々な白スカートの紹介と共にどうやって白スカート夏ファッションを作っていくのか見ていきましょう。

白デニムタイトスカートでマリン

夏といったら、定番なのはマリンスタイルですよね。白スカートは爽やかなマリンスタイルがしやすいので、夏はデニム白スカートでマリンにすると旬のコーデが出来上がりやすいです。
マリンコーデの作り方は、白いデニムタイトスカートにボーダーのトップスを持ってくるだけです。白とボーダーだけでマリンらしくなるので、簡単にコーデができます。
しかし、それだけだと中途半端なマリンになってしまうので、小物でマリンっぽさを足していきます。ピアスを錨のモチーフにしたり、足元をスリッポンにしたりなどです。また、デニムシャツを腰に巻くのもいいでしょう。マリンコーデは涼しげですし、女性ウケも男性ウケも良いファッションです。夏しかできない旬真っ盛りのコーデなので、白デニムスカートで試してみてはどうでしょうか?

白マキシスカートは甘辛ミックスで

夏になると、薄手のマキシスカートが店頭に並んでいきますよね。白いマキシスカートは女性らしいデザインなので、ロマンチックなファッションが似合います。だけども、ロマンチック過ぎてしまうというデメリットも出てきてしまうので、白マキシスカートは甘辛ミックススタイルで仕上げるのがおすすめです。
白マキシスカートを履いたら、トップスは少しゆったりめのやTシャツを着ます。裾を無造作にマキシスカートの中にインしたら、マニッシュな麦わら帽子などのハットを被ります。足元はコンフォートサンダルなどでラフに仕上げます。そうすると、マニッシュなファッションの中に白マキシスカートが入っているので重ね着しなくても甘辛ファッション
が出来上がります。ファッションアイテムを全てマニッシュにしても、白マキシスカートのお陰で甘辛ミックスが簡単にできますよね。トップスをピンクなど明るい色にすると、より女性らしくなります。また、黒やネイビー、カーキなどの落ち着いた色にすると、よりマニッシュさが増します。

白ふんわりスカートは膝丈でガーリーに

白スカートと言ったら、膝丈スカートもかかせません。一番女性らしいアイテムと言っても過言ではない白い膝丈スカートは、ふんわりとエアリーなスカートで王道のガーリーファッションがおすすめです。
ガーリーファッションが得意ならば、オフショルダーで思いっきり女性らしさを出していくのもいいと思いますし、レースやフリルなど女性らしさを出していくと可愛いファッションになっていきます。足下はアンクルストラップがあるサンダルにすると、より可愛くなります。
「そんなにガーリーなファッションは得意じゃない…。」と言うならば、トップスをすっきりとした無地のものにするだけでもフェミニンファッションになります。足元は同じくアンクルストラップがあるサンダルにすると可愛らしさが残りますし、パンプスにすると大人らしいファッションになります。

白ミニスカートでエネルギッシュに!

10代のティーンエイジャーか、20代前半の若さ溢れる年代ならば、白いミニスカートがおすすめです。夏は海やプールに行く事もあると思うので、白ミニデニムスカートのチャックを下げて水着を見せるファッションにすると、ビーチでもおしゃれに過ごせますよね。
「そこまで短いスカートは恥ずかしい。」と言うならば、チェックシャツを腰に巻くとヒップが隠れて恥ずかしさが薄れるはずです。
脚見せすると、自然に美脚に見える場合も多いので夏にぴったりなのが白ミニスカートです。

白スカートを選ぶ時はここに気をつけよう!注意点のあれこれ

白スカートは定番アイテムでもありますし、1枚持っていたとしてもデザイン違いでまた欲しくなってしまいますよね。また、これから始めて白スカートを買うという人もいるでしょう。そこで、どんな事に気をつけて白スカートを買えば良いのか注意点などを見ていきましょう。

パンプスに合わせたい場合の白スカートの選び方

白スカートにパンプスを合わせる予定ならば、選ぶべきスカートはプリーツなどのふんわりとしたスカートです。なぜなら、下半身のバランスがとれるからです。パンプスが足にフィットしてタイトな靴なので、スカートをふんわりにするとバランスがとれてスタイルよく見えます。白スカートは合わせる色を選ばないので、黒や茶系といったなんにでも合うような色のパンプスだけではなくて、ピンクや黄色などの個性的やパンプスも似合います。

パンプスに花のピンなど飾りがついているものでも良いのですが、あんまり大ぶりな飾りだとふんわりした白スカートが目立たなくなってしまうので、小さめなモチーフパンプスを合わせましょう。

タイト白スカートにパンプスでもいいのですが、そうするとシャープな印象になって大人っぽいイメージになります。人によってはツンとした印象になって近寄り難くなってしまうので、パンプスに合わせるならばふんわりスカートがおすすめです。

タイトスカートを買う前に、自分の靴を確認して!

もし白タイトスカートを合わせたいというならば、まずは自分の靴でボリュームがある靴を持っているか確認しとくと後からタイトスカートを選んだのに後悔はしません。

前章でふんわりスカートには脚にぴったりとしたパンプスが良いと書きましたが、タイトスカートはその逆です。タイトでぴったりとしているスカートには、足元までぴったりしているのではなくてボリュームがある靴がバランス良く見えます。春ならばフレンジがついたショートブーツですが、暑くなるこれからはサンダルが活躍しますよね。

サンダルはブーツに比べるとボリュームが少ないので、アンクルにフレンジがついたサンダルやレースアップサンダルなどが白タイトスカートにはおすすめです。または、スニーカーでもいいでしょう。こういった靴を持っていなければ、白タイトスカートを選ぶのは要確認です。自分がいつも履く靴とタイトスカートを合わせてみて、合うかどうかチェックしてから白タイトスカートを買いましょう。

マキシ白スカートは必ず試着して足首をチェック

マキシ白スカートを買う時にチェックするのは、丈の長さです。足首が見えるぐらいの長さがベストです。マキシスカートは基本的に足首が見えるぐらいの長さが多いので問題ありませんが、なかには足首が隠れるぐらい長いスカートもあります。

マキシ丈スカートはウエストがゴムやヒモになっていて、サイズフリーのものが多いので試着しないで着たり、ただ鏡の前で合わせるだけで購入してしまう人もいるかもしれませんが、きちんと試着してマキシ丈スカートを買いましょう。

なぜ足首を見せるのが必要なのかというと、足首を見せるだけで長い裾がすっきりと見えるからです。また、足首は足の中で一番細い部分なので、ここを見せておけば足が細く見えます。

足首が見えれば、サンダルなどの素足で履く靴の他にも、スニーカーでもマキシスカートが良く合います。そのため、白マキシスカートを買うならば必ず試着しましょう。

白スカートはなんにでも合いますし、どんな人でも合いやすいファッションです。そのため、選ぶ時に注意しなければいけないというわけではありませんが、注意しておくと失敗せずにスカートを買えます。買った後に後悔しないように、注意できるところは注意しておくといいですよね。

安くてかわいいレディースファッションをお探しの方へ 20代女性の安くて可愛いレディースファッション通販情報-Lasta / ラスタ-
20代前半から後半の女性を対象にしたファッション情報サイトをまとめてページで紹介しています。
可愛くて安い洋服をお探しの女性におすすめ情報が満載。

関連記事