30代のファッションは「キレイめ」が基本!

30代の女性のファッションに求められるのは、「キレイめ」が基本になります。カジュアルでもフェミニンでもフォーマルでも、すべてにおいて「キレイめ」ということを意識してコーディネートしていきましょう。

30代は、誰もがご存じの通りもう子供ではありません。上品さなど品格が問われる年代なのです。ここでは、さりげなく流行を取り入れた30代の女性の「キレイめファッション」についてお話ししたいと思います。

肩フリルトップス


花柄フリルトップス

今、肩の部分にこだわったトップスが流行しています。特に、肩にフリルがついたものが人気です。肩にボリュームがあるので、二の腕が細く華奢に見えるというメリットもあります。主に半袖が多いです。

そんな肩フリルトップスは、胸元にパールなどがあしらわれているものを選びましょう。鎖骨をちらつかせれば、上品な中にもセクシーさを出すことができます。フリルというと、なんとなくガーリーでふんわりとしたイメージを持ちますが、肩フリルトップスは肩にふんわりボリュームを持たせている分、タイトな仕上がりになっています。「かわいすぎるのでは?」と思っている人も、意外とガーリーにならないので安心してください。

カラーは、濃いめならネイビー、薄めならホワイトやミルキーを選ぶと良いと思います。黒や赤といった目立つカラーより、若干控えめなカラーのほうが30代にはしっくりくるものです。

スカートに見えるワイドパンツ


タックワイドパンツ

全体的にボリュームのあるワイドパンツが、昨年大流行しましたね。ワイドパンツの人気は、今年になってもまだまだ衰えず続いています。特に30代には、ゆったりとしたシルエットと楽な履き心地が人気を後押ししているようです。

そんなワイドパンツも、足を閉じるとスカートのように見える「ガウチョパンツ」や「フレアパンツ」があります。これらを選ぶと今年っぽいですよ。どちらも膝下までの「ミモレ丈」や足首あたりまでの「マキシ丈」があります。シチュエーションや好みに応じて選んでください。ホワイトやブラックなどのワンカラーデザインでも良いですが、ベージュ地に花柄が描かれたものはいかがでしょうか。このデザインだと、一気に女性らしく、なおかつ上品なイメージに仕上がります。

細身のベルトやスカーフなどでアクセントを入れると、よりキレイにまとまります。
ミモレ丈スカート+くしゅっとした靴下というコーデが流行しましたが、30代でキレイにまとめるなら靴下よりはショート丈のブーティがおすすめです。シンプルなストッキングやタイツでまとめ、足元はすっきりさせましょう。

ローゲージのニットカーデ

春先などに重宝するのが、ニットのカーディガンです。冬物のコートを着るほどではないけど、朝晩はまだ肌寒い…という季節にもってこいのアイテムです。1枚持っていると便利ですよ。

今年は特にローゲージのものが人気があります。合わせやすさや着まわし力を重視して選ぶのなら、やはりホワイトやミルキーが無難です。インナーのカラーを選ばない優秀カラーですよね。「春」という季節を意識して選ぶのなら、ミントグリーンや薄いパープルも捨てがたいところです。手持ちのインナーのニットやカットソーのカラーを思い出して選んでみましょう。

インナーがホワイト系ばかりなら、カーデはあえてグリーンやパープルを選んでみるのも良いと思います。さっと羽織れるニットカーデは、クロップドパンツとの相性抜群です。足首の見えるクロップドパンツとスリッポンを合わせれば、「キレイめ大人カジュアル」ファッションの完成です。

30代シーン別「ワイドパンツ」の着まわし方

太ももの部分から裾まで、全体的に大きめに作られているパンツを「ワイドパンツ」といいます。ゆったりとしたシルエットで、全体的に体型をカバーできることから、昨年大流行しました。そんなワイドパンツは、今年も引き続き大流行する予感です。

ワイドパンツは、丈の長さや形などによって「バギーパンツ」「ガウチョパンツ」「フレアパンツ」などに分けることができます。

30代になったら、どのようなワイドパンツを選べば良いのでしょうか。また、ワイドパンツはどんな場面で活躍するのでしょうか。30代の、シーン別「ワイドパンツの着まわし方」について見ていきましょう。

ガウチョパンツで通勤スタイル

通勤スタイルは「タイトスカート」や「スラックス系のパンツ」が定番、もしくは「これらでなければいけない」という固定概念にとらわれてはいませんか?もちろん会社によっては通勤スタイルが指定されているところもありますが…ここでは「通勤スタイルは自由」という設定で話を進めていきたいと思います。

いくら自由とは言っても、パーカーにジーンズといった「カジュアル」なファッションや、露出の激しいファッションは通勤には不向きです。30代といういい大人なわけですから、きちんと「常識」のある服装をしましょう。つまり、清楚で上品さのある服装なら良いのです。

ワイドパンツは着心地も楽ですし、ぜひ通勤スタイルとして取り入れたいもの。選ぶならガウチョパンツがおすすめです。ガウチョパンツは七分丈、だいたいミモレ丈スカートと同じくらいの長さのワイドパンツです。

ナチュラルにトレンドを取り入れることができます。季節によってカラーは選びたいものですが、今の季節ならミルキーカラーが良いと思います。柄のないシンプルなものを選びましょう。「titivate」ではシンプルで着まわしのきくガウチョパンツが1845円からという格安で売られています。

参考:フェイクスウェードボックスガウチョパンツ

デートにはフレアパンツ

足を閉じたときにスカートのように見えるシルエットの「フレアパンツ」は、ぜひデートに着ていきたいアイテムです。丈は足首より少し短いものを選ぶと、上品さの中にセクシーさも見出だすことができますよ。男性は、女性の「さりげない肌見せ」にドキッとするものです。露骨に肌を見せられるより、さりげなくチラリとさせるのがポイントです。

足首を見せるフレアパンツに、ショート丈のブーティやハイカットのスニーカーなどをシチュエーションに応じて合わせていきましょう。今年風に決めるのなら、白地に黒で花柄が描かれたモノトーンカラーのフレアパンツがおすすめです。

この組み合わせなら、花柄もかわいくなりすぎないので30代でも違和感なく着こなすことができるでしょう。トップスにはハイネックのニットを合わせると、全体のバランスも良くなります。

参考:花柄フレアパンツ

白デニムのバギーパンツ

デニムは20代で卒業!という人もいるかもしれませんが、白デニムのバギーパンツはコーディネート次第では上品にまとめることができます。特に今年は「白」が人気なので、流行りを上手に取り入れたい人にもおすすめです。

一見カジュアルにしか見えないバギーパンツも、「白」でなおかつトップスをキレイにまとめると上品さが漂うコーディネートになります。おすすめのトップスはネイビーや薄いパープルのニットです。ネイビーなどの濃い色なら胸元にパールなどがあるもの、薄い色ならざっくり編んだローゲージのものがおすすめです。

おしりがすべて隠れる丈のものだとおばさんぽく見えてしまうので、トップスの丈は長すぎないものを選びましょう。

参考:刺繍ストライプバギーパンツ

ワイドパンツはコーディネートが大事

30代だからこれはダメ、と決めつけず、全体のバランスを重視して選ぶと良いです。全体のバランスが良ければ、「若づくり」とは思われないものなのです。

上記で紹介した花柄やデニムも、選ぶものやコーディネートを間違えれば「若づくり」としか見えなくなってしまいます。若々しく見られたいと思う反面、年代に合う服装をしっかりと認識しておくことが大切です。ファッションアイテムの1つ1つにとらわれすぎず、バランスやコーディネートを考えてトレンドを取り入れていきたいものですね。

どこか1つ「はずし」ポイントを

全体的にキレイにまとめることはもちろん大切ですが、キレイにまとめすぎると「近寄りがたい」雰囲気も出てしまいます。どこか1つ「はずす」ポイントを作ることで、上品さはそのままにやわらかい雰囲気を出すことができます。

たとえば靴をパンプスではなくヒールのあるスニーカーにしてみる、ハンドバックではなく小さめのショルダーバックにしてみるなどです。どこかで「はずし」て「抜け感」を出すことが、30代キレイめファッションのポイントとなるのです。

安くてかわいいレディースファッションをお探しの方へ 20代女性の安くて可愛いレディースファッション通販情報-Lasta / ラスタ-
20代前半から後半の女性を対象にしたファッション情報サイトをまとめてページで紹介しています。
可愛くて安い洋服をお探しの女性におすすめ情報が満載。

関連記事