夏服のレディースファション!20代の夏コーデのポイント

2016.05.16

夏 ファッション

20代というのは、学生や社会人、主婦まで様々なライフスタイルの人たちがいます。ライフスタイルによって相応しい「夏コーデ」というのはありますが、20代には20代にしかできないファッションというのがあります。

たとえば、夏服ならではのファッションとして「肌の露出」があります。歳を取ったら、どうしても肌を見せることは少なくなりますし、自分自身も肌を見せることに抵抗が生まれるでしょう。抵抗なく、なおかつおしゃれに「肌の露出」が楽しめるのも、20代の夏コーデならではだと言えるのです。

もちろん、ただ肌を見せるのが良いというわけではありません。今年の夏コーデのトレンドを押さえておくことで、一気に「おしゃれな大人女子」になれるんですよ。
「あの人なんかダサいよね…」と言われないような、20代の夏コーデのポイントをここではご紹介したいと思います。

20代の夏コーデでは、「肌見せは一部のみ」にすると今年っぽい!

先ほど、夏は肌の露出ができるという話をしました。確かに、キャミソールにショートパンツといったコーデや、おへそを出したファッションが流行した時代もありました。そんな時代もあったのは事実ですが、今の時代にそんな大胆な肌見せファッションは不向きです。そこまで極端に肌を露出してしまうと、若干下品な印象を与えてしまうかもしれません。

20代の今年の夏コーデでは、「肌見せは一部のみ」にすると良いでしょう。夏は洋服の素材そのものが薄くなっているので、ほどよく体のラインが見えるものです。大胆に肌を見せるよりも、「さりげなく見せる」ほうが今年風なのですよ。

おすすめは、オフショルダーのトップスやシースルーのトップスで「肩」や「鎖骨」を見せるというもの。肩や鎖骨が見えるのは夏服ならではですし、これらを冬に見せる人はあまりいませんよね。

特に、袖全体が透け感のあるシースルーになっているトップスや、肩のところがリボン結びになっていてさりげなく肌が見えるものがおすすめです。

ショートパンツにはロングカーデを合わせる

今年の春から夏服のアイテムの中でも、「ロングカーデ」が大人気です。ふくらはぎや足首あたりまでの長さのあるカーディガンが、特に人気ですよね。

カーディガンというと春のイメージが強いのですが、薄手のものやUVカット機能のついたものなら、夏でも大活躍すること間違いなしですよ。大人クールな雰囲気なら「黒」、かわいい雰囲気なら「パステルカラー」を選ぶと今年っぽいですね。

今年のトレンドである「白」も、爽やかな雰囲気になれるのでおすすめです。

ロングカーデはどんなコーデにも合う優れものですが、中でもショートパンツとの相性は抜群です!20代の夏コーデでは、大柄プリントのショートパンツが大人かわいくておすすめです。そんなショートパンツも、ロングカーデを羽織ることで肌の露出を抑えることができるので、きれいで上品にまとめることができます。

その上、ショートパンツとロングカーデの相乗効果で脚長効果も得られます。

20代の夏コーデは色合いを真逆にしてメリハリをつける

どんなシチュエーションでもきれいなコーディネートにするためには、「色合いを真逆」にしてファッションに「メリハリをつける」ことが大切です。

夏コーデはゆったりしたシルエットのものが多いので、シルエットでのメリハリよりも、「色合いでのメリハリ」を意識しましょう。
トップスが淡い色ならボトムスは濃い色、というふうに、真逆の色合いのアイテムを選んでみてください。顔回りに淡い色を持ってくると涼しげに見えますので、トップスを淡い色合いのものにすると良いと思います。

ビジューや襟にパールのついたトップスだと、今年っぽくコーデできますよ。

安くてかわいいレディースファッションをお探しの方へ 20代女性の安くて可愛いレディースファッション通販情報-Lasta / ラスタ-
20代前半から後半の女性を対象にしたファッション情報サイトをまとめてページで紹介しています。
可愛くて安い洋服をお探しの女性におすすめ情報が満載。

関連記事