30代の女性が選びたいアウターとデニムについて

アウターとデニム

30代になると、専業主婦になっている人、子育て真っ最中の人、バリバリ働いている人、などライフスタイルによって「今何をしているか」は変わってきます。学生時代の友人と久しぶりに会ったときや、同窓会で同級生と会ったとき、同じ年齢なのに…と驚くこともあると思います。もちろん、いかに「充実した日々を送っているか」「内面が輝いているか」が重要なのですが、できることならおしゃれで若々しく見られたいものですよね。おそらく女性なら誰でも、いつまでもキレイでいたいと思うものです。そんなおしゃれでいたい!と思う30代の女性が、今年選ぶべきアウターをご紹介します。

グレーのロングコート

ロングコートの定番と言えば「黒」ですが、ここはあえて中間色の「グレー」を選んでみましょう。黒のロングコートだと、全体的に重たい印象を与えてしまいます。上品な品格はあるものの、どこか近寄りがたい印象を与えてしまうのです。「気取ってる」という雰囲気になってしまうんですね。そこで中間色の「グレー」です。グレーのロングコートは近寄りにくさや重たさを軽減し、上品さは残すという素晴らしいアイテムなのです。30代の女性のためのコートといっても過言ではないでしょう。
グレーのロングコートをアウターに選んだときは、インナーはすっきりとまとめます。着ぶくれしないように気を付けましょう。ロングコートはすらっとスタイル良く見せることができるのも魅力のひとつです。また、靴はショート丈のブーティなどがおすすめです。

ダークピンク

なんとなく避けがちなピンクも、ダークなものを選べば良いのです。ショッキングピンクやチェリーピンクのようなピンクではなく、若干暗めのものを選びましょう。コートとして取り入れれば、自然にピンクを着ることができます。このようなピンクのコートは、「大人かわいいコーデ」「甘めガーリー」な雰囲気に仕上がります。
それでもなんとなく「甘くなりすぎでは?」と思うときは、インナーやボトムでイメージチェンジしましょう。ピンクは合わせにくいというイメージがあるかもしれませんが、実はピンクは他のカラーとの相性も抜群です。特に暗めのピンクは、どんなインナーでも浮かないという優秀カラーなんですよ。ガーリーな雰囲気を残しつつクラシカルにまとめるには、ピンクコートの中をネイビーのニットにする、ブラウン系のミモレ丈スカートやワイドパンツにすると良いですよ。タイツやストッキングはシンプルなものにし、靴は白系の明るいブーティがおすすめです。

パステルミルキーのトレンチコート

春が近づいてくると、重宝するのが「トレンチコート」です。どんなコーデにも合わせやすく、春らしさも出せるトレンチコートは春ファッションの定番ともいえますね。そんなトレンチコートですが、30代におすすめのカラーは「パステルミルキー」です。白でもなくベージュでもない、乳白色のミルキーカラーは、今年もっとも注目されているカラーなんですよ。
パステルカラーは歳を取ると合わせにくい!と思っている人もいるかもしれませんが、ミルキーカラーなら20代~30代でもしっくり着こなすことができます。
今年は丈の長めのものが流行していますので、新たに購入を検討している人は、ぜひ丈の長めのトレンチコート、パステルミルキーカラーを選んでみてください。一気に今年風のコーディネートになりますよ。

トレンドを上手に取り入れることが大切

30代という年齢になったからこそ、トレンドは「さりげなく」「上手に」取り入れていきたいものです。流行りに敏感になり、いち早くトレンドを取り込むのもいいことですが、なんとなく「必死すぎ」と空回りしてしまうこともあるかもしれません。大人女子だからこそ、トレンドを全面に出してアピールするのではなく、さりげなくアピールしたいものです。

30代の「デニム」の取り入れ方は?

ファッションの定番ともいえる「デニム」は、おそらくみなさんも1つ以上は持っていますよね。何にでも合わせやすく、どんなコーディネートとも合う「デニム」は、ファッションにおいて非常に優秀なアイテムと言えるでしょう。
一言で「デニム」と言っても、いろいろなものがあります。Gジャンなどの「アウター」から、ジャンパースカート、オーバーオールといった「つなぎ系」、スカートやパンツなどの「ボトム」など、デニムを使ったアイテムはたくさんありますよね。そんなデニムの、30代の上手な取り入れ方についてお話ししたいと思います!

切りっぱなしスキニー

ここのところ幅の広いワイドパンツが人気でしたね。ガウチョパンツなどは履き心地が楽なこともあって、幅広い年齢の人から支持されていました。それからというもの、「パンツ=ワイド」という意識が定着しつつありますが、30代ならスキニーデニムを選びましょう。デニムにもワイドな見た目のバギーパンツがありますが、やはりスキニーが良いと思います。特に今年は、裾が切りっぱなしになっているデザインのものが多く見られます。ほどよく色落ちしているものもおしゃれですね。
激しい加工がされたクラッシュデニムではなく、シンプルなものを選びましょう。カラーもブラック系ではなくブルー系など、明るいものや薄いものがベストです。30代になったら、ハイウエストよりも、一般的なものが良いと思います。ローライズなどしゃがんだときに下着が見えてしまうようなものは、30代にもなったらやめましょう。みっともないを通り越して下品だと思われてしまいます。
切りっぱなしのスキニーデニムはどんなトップスとも相性抜群です。

インディゴのクロップドパンツ

膝下くらいの丈のクロップドパンツは、デニムでも取り入れやすいアイテムです。裾が折り返しになっているデザインだと、すっきりとまとまります。カラーはインディゴがおすすめです。クロップドパンツは、ハイカットのスニーカーでもパンプスでも、色々な靴と合わせることができます。スニーカーならカジュアル感が強く出せますし、パンプスならしっかり感が出せますよ。
トップスはシンプルなニットがおすすめです。基本的にはどんなカラーもインディゴとの相性は良いのですが、30代なのであまり派手なカラーは避けたいところです。グレーやネイビー、パープルなどが良いのではないでしょうか。肩から袖にかけてレースで透け感のあるニットや、肩がチラリと見えるニットなど、「さりげない肌見せ」のできるニットを選ぶと今年っぽく着られると思います。ハイゲージでしっかり編まれたロングカーデとの相性も抜群です。

膝上のハーフパンツ

膝より少し短い丈のハーフパンツは、白がおすすめです。ショートパンツだとどうしても若づくりと見られてしまいますが、ハーフ丈ならそんなことはありません。タイツと合わせるのが定番ですが、あえてデニムのハーフパンツを「白」にするのが今年流です。
今年は、何といっても「白」が注目されているのです。さりげなくトレンドを取り込みたい!という人にもおすすめのコーディネートになります。若干肌が透ける80デニールの黒タイツと合わせると、「白」のコントラストが映えてよりきれいに見えますよ。このとき、靴をスニーカーにするとカジュアルになりすぎてしまうので、ブーティかパンプスをおすすめします。ボトムが白、タイツが黒なので、靴はグレーにするとシンプルかつキレイにまとめられると思います。
白デニムのハーフパンツに、花柄のスカーフをベルト代わりに巻くと華やかさが増すのでおすすめです。

全体的にすっきりまとめること

デニムはカジュアルな印象が強いため、どうしても「若く」なりすぎてしまうと気にする人もいるでしょう。だぼっとしたデニムやクラッシュ感の強いものではなく、「すっきりとまとめる」ことを意識してみてください。ここで紹介したデニムは、30代でも合わせやすいものばかりです。定番アイテムのデニムだからこそ、時代遅れにならないよう今年っぽくコーディネートしたいものです。

安くてかわいいレディースファッションをお探しの方へ 20代女性の安くて可愛いレディースファッション通販情報-Lasta / ラスタ-
20代前半から後半の女性を対象にしたファッション情報サイトをまとめてページで紹介しています。
可愛くて安い洋服をお探しの女性におすすめ情報が満載。

関連記事